ラグ

お部屋全体にひかないマットの事をラグ

ラグって何?ラグは、床の一部分にひく敷物の事です。どんな所にひくのかと言えば浮かぶ場所は、脱衣所や洗面所です。ダイニングテーブルの下にひくのもラグ部屋全体に敷き詰めてひくものじゃないのをラグと言います。ラグを使うメリットラグを使用すれば汚れを防ぐ事が出来洗面所やキッチン周りなら水滴が落ちても拭き取れます。我が家も良く利用する場所 冬のお風呂場です。
今は、可愛い種類のラグが販売されていて選ぶ時の必要差を考えます。小さいので汚れたら洗濯ネットに入れて洗う事が出来ます。ラグのメンテナンス最近は、ソファーと一緒にお洒落を意識したコーディネートが流行っています。我が家もひいているラグは、水やぬるま湯に中性洗剤を混ぜ布で汚れた場所をふき取ったりコロコロローラーで小さなゴミを取ったりし掃除機は、1週間に一度と決めています。掃除機の回数を減らす事でラグを何回も買い替えなくて済むようにしています。
ラグを使ったコーディネート洗えるラグインテリアにぴったりです。丸型タイプなら6千円前後で販売されています。若い夫婦に人気なラグが芝タイプでソファーにも合う色使いで人気です。裏面に滑り付き加工がされていてずれると言う心配がないです。小さなお子様がいる家庭は、転んで怪我をしないかと心配に 滑り付き加工がされているラグなら安心です。キッズやベビー用のお部屋にも可愛くひけるラグです。 ゴロンと寝かせてあげると気持ち良いです。

ラグとは一体何なの

「新居に引っ越しをするからお洒落な柄のラグを買った」と言われても何が何だか意味がわからないという人は結構いらっしゃるんではないでしょうか。ラグと呼ばれている物は部屋の中で使用する敷物で、部屋を飾るインテリアとしても使われています。じゃあ絨毯のことかというと、少しニュアンスが違うのです。普通はラグといえば200㎝から250㎝くらいまでのものをいい、絨毯はそれよりも大きいサイズのものをいいます。
更にラグよりも小さくなると、マットと呼ばれます。大きさの違いで区別されている敷物達ですが、用途の部分でも若干その意味合いは変わってきます。マットの用途は主に玄関マット、脱衣場のマット等のように土や水滴で床を汚さないようにする役目があります。絨毯はダイニングルームやベッドルームという具合に、その大きさから部屋単位で使用されることが一般的です。
もちろん他の敷物もデザイン性に優れていてインテリアの目的になることもありますが、普通はマット、絨毯と聞けば実用性のあるものです。それに対してラグは上記の2つと比較すると、インテリアの目的で購入する場合が多いのです。実用性はもちろんですが、種類や色も豊富でソファーやテーブルの下に敷けば、部屋がワンランク上のお洒落な空間に早変わりします。はっきりとした違いは大きさですが、このニュアンスの違いを理解していればラグを選ぶ際に少し楽しくなるかもしれません。

場所に合ったラグの上手な選び方

皆さんは新しいラグを購入しようと思い立ったときに、何を重要視して選んでいますか?デザイン性、機能性、天然素材かどうかなど、選ぶ要素が沢山あってラグを選ぶのもなかなか骨が折れます。そこで今回は各々の部屋にぴったりのラグ選びのポイントを紹介していきたいと思います。これから購入するラグをリビング敷く場合は、身体に触れる機会が多くなる場所ですから、最初のポイントは自宅で洗濯がしやすいものを選ぶことです。
特に家族の中に小さいお子さんがいるケースでは、ラグの上で寝そべったりすることがあると思います。ダニやアレルギーの原因となるものが付きにくい、毛が浅いタイプのラグが良いと思います。ダイニングもリビングと同じで、食事をする場所ですので食べ物やジュースをこぼしても染みのつきにくいアクリルやポリエステル素材がおすすめです。
書斎や寝室は汚れる要素が他の部屋に比べて少ないので、インテリア目的に自分の好きなデザインのラグを選んでみてはいかかでしょうか。グリーン系の色を使ったラグは精神をリラックスさせて、読書を楽しむには持ってこいですし、パープル系は穏やかな気持ちになると言われているので睡眠の質を向上させてくれると思います。自宅のお部屋によってデザイン性か機能性かを先に考えてイメージしておくことで、店頭でも迷うことは少なくなると思います。


ラグにはたくさん種類があるのです!
普段使っているラグやマットなど、満足していますか?BICKLY CARPET-びっくりカーペット-はおもしろいものや、機能性に優れたものをたくさん取り扱っております!ですので、自宅においてストレスを感じることなく、癒しを提供してくれます!ラグを購入したい方にはぜひこちらを参考に快適な生活のために、心機一転も込めて、変更しましょう!ラグが変わることで、過ごしやすい生活を送れるのです!